米糠は玄米の95%の栄養分を含んでいる:米ぬか美人のダイエットレシピ

米糠は玄米の95%の栄養分を含んでいる

驚くことに、玄米の栄養分の95%が米ぬかに含まれているのです!
普段私達が食べている白米には残りの5%の栄養分しか残されていないのです!!
MOTTAINAI話だと思いませんか?



アレルギーや花粉症にも効果的


「米ぬか」を「もみ殻」と間違っている人も多いので少し説明しておきましょう。
田んぼの稲穂についている一つ一つの実のことを籾(もみ)といいますが、その籾から外側の殻を外しただけの状態のお米が玄米です。
玄米は白米に精米する際に表皮と麦芽を取り除きますが、その取り除かれた薄黄色をした粉状のものが「米ぬか」です。

米糠成分としてまず挙げておきたいのは、便秘を予防し、大腸がんを防ぐ働きをする食物繊維です。
米糠には何と、ほうれん草の約10倍もの量の食物繊維が含まれているとされています。
これを利用せずにただ捨ててしまうのは、何とももったいない話ですよね。

米ぬか成分としてはそのほかにも、消化吸収を助け、神経機能の働きを高め、糖質などの分解を助けるビタミンB群や、強い抗酸化力を持ち、女性ホルモンのバランスをコントロールする働きをするビタミンE、また、ビタミンDやカルシウム、マグネシウムなどがあります。

米ぬかには、健やかで美しい体を保つために役立つビタミンやミネラルが、たっぷり含まれているというわけなのです。
さらに米ぬかには、新陳代謝を促す作用もあるため、冷え症気味の人や、花粉症などのアレルギー性疾患で悩んでいる人にもおすすめです。

このように米ぬか成分はいいこと尽くめと言えそうですが、注意しておきたいこともあります。
玄米の表皮や胚芽部分には、強力な排泄作用を持つフィチン酸という物質が多く含まれており、摂取し過ぎると、体内毒素と共に体に必要なミネラル分も一緒に排泄してしまうことがあります。

健康のために米ぬかを摂取する場合は、適量を守り、摂り過ぎないことが大事です。

米ぬかの成分と効果

Sponsored Link

スポンサーリンク

ご挨拶

米ぬか-無料.bmp

ご訪問ありがとうございます。サイト管理者の「米糠スクラブ」です。

当ブログ、米ぬか美人のダイエットレシピは、米糠(米ぬか)をもっと有効に活用するためにさまざま知識や情報を集結させたの米糠(米ぬか)利用の情報サイトです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。