米糠の肥料で家庭菜園:米ぬか美人のダイエットレシピ

米糠の肥料で家庭菜園

栄養成分がたっぷり入った米ぬかは、いろいろな用途に活用できます。
米ぬか肥料を作るというのもそのひとつ。
最近は家庭菜園をやる人が多いようですが、米糠を使ってる人は案外少ないようです。



肥料の三要素


野菜や果物などに与える肥料は素材に気を遣いたいものですが、米ぬかなら問題はありません
自然のものなので安心して使うことができるというのも、米ぬか肥料の魅力のひとつです。
一口に肥料と言っても、有機質肥料や、無機質肥料、配合肥料などその種類は様々ですが、肥料には植物の育成のために必要な「3要素」と呼ばれる成分があります。

3要素の1つ目は「窒素」です。
これは、植物の葉をよく茂らせて、茎や枝を伸ばして形をつくる働きをする成分です。

2つ目は「カリ」。
これには、茂った葉や茎を強くたくましくする働きのほか、根の発育を促したり、耐寒性や耐病性を高めたりする働きを持ちます。

そして3つ目が「リン酸」です。
これは、実の成熟や根の張りをよくして、種子をしっかりとさせるもの。
米ぬかにはこのリン酸が豊富に含まれているため、米ぬか肥料はさまざまな植物に適していると言われています。


また米ぬかは、ぼかし肥料などの発酵肥料を作る際の土台にもなるものです。
ぼかし肥料というのは、コーランやEM菌といった発酵資材の力を使って、米ぬか、魚粉、油かす、などの有機物を発酵させて作る肥料のことをいいます。

EM菌を使ったぼかし肥料は、そのまま直接堆肥に混ぜ込んで、元肥として利用することもできますし、抽出液を作っておいて追肥として利用することもできます。

せっかく家庭菜園をやってるのなら米糠を使わない手はないですよ!

米ぬかの利用法

Sponsored Link

スポンサーリンク

ご挨拶

米ぬか-無料.bmp

ご訪問ありがとうございます。サイト管理者の「米糠スクラブ」です。

当ブログ、米ぬか美人のダイエットレシピは、米糠(米ぬか)をもっと有効に活用するためにさまざま知識や情報を集結させたの米糠(米ぬか)利用の情報サイトです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。